どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均で3~4日かかるといわれています。
確認しておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。
普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあります。
逆に、怪しい日があらかじめ分かっているなら、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。
浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが、調査は大体2人程度で行っているようです。
浮気をしているかの確認を調査員1人で調査をすることがよくあります。
浮気をしていることがはっきりとしたら、もう一度計画を練り直して調査の方法や人数などを決定します。
法律の中では、婚姻関係にある人が自分から夫婦ではない異性と肉体関係を持つことを不倫とよびます。
すなわち、法律の上では、性的に親密な関係ではなかったなら、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではありません。
個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。
なんとアルバイトの探偵がいるようなことがありえます。
探偵をするアルバイトを検索してみると、その仕事の募集を見つけるでしょう。
ということは、バイトを使っている探偵事務所もいっぱいあると言うことです。
浮気をしているのか調べて貰うのならば、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。
バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。
しょっちゅう同じ電話番号から取っていたり電話番号があるとしたら浮気相手と連絡をとっているという見込みは濃厚であると考えられます。
それがわかったら電話番号の主を割り出せますね。
しかしパートナーの方が一枚上手ですと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後にはしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。
まず探偵に関して言うと、怪しむ人のないように充分すぎる注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)を払って根気よく調べていきますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、まず身分を明かしておいて表立ってリサーチをおこなうようです。
沿ういう所以で、個人の行動を調べるには探偵が向いており、興信所の方は情報収集に向いていると結論でき沿うです。
自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。
探偵におねがいすると、浮気の証拠をちゃんとつかめます。
素人が調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。
だからといって、パートナーを責めてみても、浮気を認めようともしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。
有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。
日々、相手の生活の様子を気をつけてみておくことはだれにも頼まずにできることですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を入手するためには、経験豊富なプロである探偵におねがいした方が安全、安心です。
そして、探偵に頼む場合、浮気の証拠を収集して貰うだけにとどまらず、いろいろ貴重な助言を貰えるというのも見逃せないメリットです。
飲食店を利用した際の領収証にはご飯をともに食べた人の数が掲さいされている可能性があるので、浮気をしてい立と判断する材料になります。
さらに、クレジットカード使用時の支出については月々チェックするようにします。
仕事で使ったにもか代わらずビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と宿泊したおそれがあります。
探偵が使うという追跡グッズとは 自分で購入できるのかといえば買うことが出来るのです。
一般的には、追跡グッズはGSP端末を使うことが多いようですが、これはいかなる人でもインターネット等で購入可能です。
車両に載せるタイプのGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。
貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を請求する場合には、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を手に入れなければ駄目です。
貴方が、探偵に助けを求めるのならば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を鮮明に写しだしてくれるでしょうし、経験に裏打ちされた、間ちがいのない形で十分な証拠を準備して貰えるのです。
不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。
実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は低くなるのです。
さらに、不倫相手が浮気を否定するケースでは必要なのは証拠です。
どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠が必要です。
探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」のふたつです。
実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真撮影にかかる費用などですが、調査員の食事代が足されるケースもあるでしょう。
時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、計算した費用です。
短い期間で浮気調査を終えると請求額も少額となります。
事前に成功報酬と言われていても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間だっ立として調査をおこなう3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査に関しては成功ということになります。
本当は浮気をしているという場合でも、調査中に浮気が見つけられなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査は完了し、成功報酬を請求されるのです。
格好をチェックすることで浮気の裏付けをすることもできます。
浮気をしている人に、分かりやすく現れるのは今までとは変わった服装です。
おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったらよく見ることが重要です。
今後、浮気をし沿うな人がいたり、前から浮気の相手が存在するかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です