不倫した二人に慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら、敵の情報は必要ですし、間違いのない、裏切りの数々を突き付けられるようにしないといけません。
しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、浮気の証拠をキッチリとした形で撮影してくれるはずですし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を準備して貰えるのです。
浮気である証拠をカーナビによりつかめます。
カーナビ上の履歴を見ることで、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられる場合があるようです。
見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意する必要があるようです。
それに加えて、よくもしもガソリンが入れられていたら、車で会っている場合があるようです。
せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、肝心の依頼者が普段とはちがう態度をとってしまい、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が困難になり、失敗してしまう場合もあるでしょう。
たとえ探偵が浮気調査をしても、100%成功することはあり得ないのです。
失敗した場合の代金についても、調査を初める前に決めておくことが大切だと言えます。
興信所と探偵事務所のちがう所をきかれた場合、あまり無いのではないかと言ってもいいかも知れません。
浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。
しかし、違いがあるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。
GPSが繋がるものを使って、行きつけの場所の情報を探して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、パートナーが現れるはずですから、不埒な行為を押さえることができるでしょう。
あまり予算が無い場合には、GPSの機械で所在を調べるのも、やってみて損はないと思われます。
その機械を付けている事がわかってしまう事もあるようです。
不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度のケースもあるようですし、ケースによっては400万円くらいのこともあるようです。
離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は低くなるのです。
さらに、不倫相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。
無関係な人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。
パートナーの浮気リサーチを探偵にお願いする時、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を前もって相談します。
1時間で1万円以上もの費用がかかるので、調査期間が長期になればなるほど高額の調査費が必要になってしまうでしょう。
興信所などによって、使っている用具や調査する人の力量には差異があるようですので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。
自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、離婚するかしないか選択に困りますよね。
そうならないように、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。
夫婦と言う物は法律上お互いに貞操を守る義務があるようですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、離婚という別れを選択するのも一つの方法になります。
事前に成功報酬と言われていても、たとえば、調査内容が浮気についてだった場合には、その際の調査期間が3日間だった場合、その3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功ということになるでしょう。
実際には浮気していたとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ、結局は浮気の明瞭な証拠をつかむことなく、専門的な調査は完了となり、成功報酬を請求されるのです。
探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査に成功した場合でないと料金が発生しないという懸念があるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。
その結果として、成功報酬だからということで、浮気調査にかかる費用が安く抑えられるとは限りません。
実際の調査能力などもチェックして、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼すれば心配ありません。
法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者以外の異性と故意に性的関係になることを浮気といいます。
すなわち、法律の上では、男女関係に発展していなかったら普通のデートをしたとしても、浮気とはいえないということになります。
自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうことも可能です。
同一電話番号との連絡を繰り返し、また定期的にその電話番号に掛けていたりしたらその電話の相手が浮気相手という確率は濃厚であると考えられます。
そういったことが見うけられたらその電話番号の相手を見つけ出せばいいのです。
そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手との電話が終わったらしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。
日頃、相手の生活している様子を観察するのは他人に頼まなくても可能ですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方が失敗がありません。
そして、探偵に頼むという事は、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験から、さまざまな助言をもらえるということも、貴重なのです。
尾行料金の相場はと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えて下さい。
当たり前のことですが、調査員が少ない人数なら安く、増えるほど高くなります。
そして、尾行ときに車とかバイクで行なう場合、別途交通費、車両費として請求されることがあるようですので、要確認です。
飲食店を利用した際の領収証にはご飯を一緒に食べた人の数が特定できるように記載されている事もあるので、不倫と決定づける参考資料となります。
加えて、支払いをクレジットカードでした時は月ごとに確かめるようにします。
仕事で使ったにもか換らずビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と宿泊したおそれがあるようです。
探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚しないままの方が良いこともあるようです。
子供がいらっしゃる場合だと特に、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。
養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、支払わずに音信不通、なんてこともあるようですから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。
男手一つで育てる場合にもまた同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。
依頼された調査だけをきちんとやる探偵ならばそれでおわりとは言えません。
浮気しているかどうかを調査すると、トラブルが発生する可能性があるようです。
そんな状況になったときに、依頼者の立場を一番最初に考えてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。
信頼してもいい探偵なのかは、相談する時の様子などで慎重に判断する事を心掛けて下さい。
結婚相手の浮気調査を委託する際には、びっくりするするほどに低料金だったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、より細かな料金プランが提示されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所がお奨めです。
そして、業者として届け出をしっかり行っているのか確認が必要です。
法外な調査をしているところには浮気調査の依頼をやめておきましょう。
探偵が使うという追跡グッズとは 自分でも買えるものかといいますと、買うことができるのです。
追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用されることが多いようですが、これは誰でもネットなどで購入できます。
車に載せてあるGPS端末は、車の盗難ときに備えてつけておくものなので、誰でも当然購入できます。
浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で頼めば得になるかと言えばケースバイケースでそうでないこともあるようです。
条件が成功報酬であれば調査が成功しなかった時、お金を払わなくても済むので依頼者は損をしなくて済むように感じます。
したがって、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、見つけている人もいるのです。
夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込みひどい状況に陥るのは、映画やドラマでよく描かれます。
夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、殺傷沙汰にまでなってしまうプロットもサスペンスにはありがちです。
浮気しているところを捕まえて問い詰めるのもやり方の1つでしょう。
別れる決心がついている場合は、試してもいいと思います。
時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、安い料金で行なうことが出来るんです。
したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日頃のパートナーの行動パターンを理解しようと観察することが重要です。
その中で、最も怪しい時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、双方にとって利益があるようです。
探偵を頼むにはお金が掛かりますから、自分でやってみようとする人もいるものです。
テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、実際にやってみるとそう簡単ではなく、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるのでとても技術がいるでしょう。
こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかも知れないのです。
誤魔化せない証拠を掴みたいなら、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほウガイいと思います。
実際に探偵に頼むことで浮気の証拠が掴めます。
相手の様子が浮気を想わせた場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。
しかしながら浮気の証拠を自力で手に入れるとなると、配偶者に発見されてしまう可能性は低くないでしょう。
はっきり言ってその理由は、顔がばれてしまっているからです。
浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内りゆうは「実費」と「時間給」の2つです。
実費には移動にかかる費用、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、張り込み時の食事代が加算される場合も少なくありません。
そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、算出した費用です。
短い期間で浮気調査を終えると支払いも安くすみます。
浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があるようです。
それは、不倫相手の存在を明らかにする事です。
浮気の痕跡が確かでない場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。
残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次にすべ聞ことは、浮気相手の特定です。
尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、見張りなどの方法も用いて、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確かめるのです。
ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつかめます。
なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使うことは当然考えられます。
近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をことも多くなったとはいえ、やはり浮気相手の声をききたくなる時もあるでしょう。
ですから電話をする可能性も十分考えられますね。
どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、多くの場合は3~4日間です。
最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的なケースです。
調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあることも覚悟して下さい。
逆に、怪しい日が調査の前に分かっていれば、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあるようです。
妻又は夫が浮気していることが明らかになっても離婚を避けたいのなら浮気している現場に直接行くことはしないほウガイいでしょう。
浮気が発覚したことで相手が逆ギレしてしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまうかも知れません。
また、浮気相手と接触してしまうと、精神的に追い詰められてしまうかも知れません。
レシートとかクレジットカードを見ると浮気のことがわかるものをつかむ事もできるかも知れません。
まず、普段は利用しないようなよくコンビニエンスストアエンスストアのレシートを視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。
そこで見張っていると、浮気の瞬間を目にすることが可能なかも知れません。
離婚も辞さないつもりで、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場に乗り込むという方法もあるようです。
しかし1人で踏み込むという方法を取ると、さらに揉める可能性が高いので、止めるようお願いします。
信頼する人に付いて行ってもらえば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。
信頼できる人が同行できないときは、探偵に依頼するという方法があるようです。
コミュニティ型のWebホームページを通じて浮気の事実が明るみになることもあるようです。
SNSは名前を伏せて利用している事もあるのでパートナーも注意が足りずに、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事が多発しているように思われます。
場合によっては、浮気を裏付けるような記載をネットに書き綴っている人もいるのです。
ユーザーIDを見つけたなら調べてみて下さい。
あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、調査の方法や時間などによって幅があるようですが、多くの場合、調査は2人くらいで行なうと言われているのです。
ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを行なう場合が多いようです。
浮気が明るみに出てきたのなら、再度計画を立てて調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。
探偵の特性としては、怪しいと思われることを避けるために警戒を怠ることなく根気よく調べていきますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に自分の所属を明かして正面からの調査を行なう傾向にあるようです。
目的の人物の動きを掌握するのは探偵の方が上手に、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると、おおまかには考えられます。
探偵に浮気調査をお願いして、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうことも可能です。
パートナーが信用できなくなってしまうと一生涯を一緒にするのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を求めれば、確実に別れさせることもできるはずです。
格好をチェックすることで浮気の裏付けをすることも可能です。
浮気をすると、明瞭に分かるのは格好の変わりようです。
おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突如おしゃれに関心をもつようになったら用心してください。
これから先浮気をしようとしていたり、もう浮気の相手がいるかも知れません。
今までと違った格好をするようになったら、怪しいです。
趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があるようです。
突如、年よりも若めの色柄の格好選んで着るようになりだしたら、非常に危険です。
その中でも特に、趣味の良い下着を着用しだしたら、浮気をしていることがありえます。
費用を節約して浮気調査をするには、自分でできる範囲までは事前に調べておくことです。
調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。
ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで良いだけです。
日々の仕事に出掛ける時間、帰ってくる時間、電話が掛ってきた場合は、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしてください。
配偶者が不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。
ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、仮面夫婦と化していたり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料を請求することができません。
慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛をうけたか、夫婦の歳、結婚年数などいろいろな事を鑑みて裁判所が慰謝料を決めます。
わけもわからず自分で動き回るよりは、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。
専門家である探偵にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれるはずです。
素人が調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。
でも、パートナーに詰め寄っても頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件で離婚できません。
有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。
信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、口コミをチェックするのも有効です。
当然、その探偵事務所が運営するホームページに記載されているような口コミではなくて、全く無関係の掲示板や専門の相談用ホームページにアップされている口コミを確認するのがお勧めです。
探偵事務所の関係者以外による口コミは、信頼できる情報なのは間違いありません。
浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は冷静でいることが難しくなってしまう場合がありますね。
強い心を持っている人でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が多数確認されています。
余計な厄介ごとを増やさないためにも証拠を掴む可能性を高めるためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。
動きを記録しておくことで浮気の根拠を示せることもあるようです。
毎日の行動の仕方には、ほとんどの場合パターンが定まってくるものです。
しかしながら、浮気をしている人は、その習慣が変わってしまいます。
揺らぎの出た曜日、時間帯を決定づけることができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の証明ができる可能性が上がります。
一部の探偵がアルバイトのようなことがありえます。
探偵としてのアルバイトを調べてみると、募集がかかっていることをしるでしょう。
ということは、バイトを使っている探偵事務所もいくつもあるようです。
浮気について調べるように言うときには、個人情報を伝えなければいけません。
バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。
浮気の裏付けをつかみ取るには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法になります。
そうはいっても、探偵に調査をお願いするのは費用がかさむので、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。
探偵に浮気調査を頼んだとしたら、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所ごとにも調査料は変わってきますから、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。
不倫の問題を相談するなら弁護士に相談してください。
離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかをよく考えてから相談するといいでしょう。
もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談してください。
相談者が女性のケースでは、近所の奥さんやお友達を相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂されたくない場合には、絶対にいけません。
もし浮気をする曜日、時間がはっきりしているのならば、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査代金はその分安くなるのです。
しかし、浮気をしている日時が特定できているなんていっても、見知っている人にお願いして写真を撮るようにすると、ほとんど駄目でしょう。
気づかれずに写真撮影を行なうにはプロの探偵に調査してもらうのがベストなのです。
本人が知らないうちに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、必要となる機材や技術があるようです。
浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠にはできません。
浮気の調査を探偵に任せると、非常にコンパクトなカメラを使って覚られないうちに鮮明に写真におさめることが出来るんです。
探偵が浮気調査を行なう時でも失敗する場合があるでしょう。
探偵は浮気調査をよくやっていても、失敗することが全然ないことは全くありません。
相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。
もしくは、浮気調査期間中に不倫相手に会わないときには証拠を掴みきれません。
車の目立たない場所にGPS端末を忍ばせ、移動の履歴をリアルタイムに監視しつづけ、現在地を確認したりデータログを後から読み出し行動を確認することが出来るんです。
車より、公共交通機関などを利用する人には、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。
これで相手がどこをどう移動して、何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です