時間によって尾行料金が決まる場合、探偵の尾行時間が短い方が、費用が少なくなります。
ということは、尾行を探偵に頼むなら、相手の日々の行動を調べておくことが重要です。
最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をして欲しいと依頼をすれば、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットがあるのです。
同一電話番号との連絡を取っていたりその電話番号に掛けていたりしたら浮気相手と連絡をとっているという見込みは非常に高いと言えます。
その後、その電話番号の持ち主を突き止めるだけでいいのです。
ですが、気の回るパートナーですと、浮気相手との電話の後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。
レシート、クレジットカードを調べると浮気を確定することもあります。
まず、普段は入らないようなコンビニエンスストアの領収書をほぼ毎回見かけるようになったら、その周辺に習慣的に赴いている事になります。
そこで見張っていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかも知れません。
法律の上で、結婚した人が配偶者以外の異性と故意に男女の関係になることを不倫といいます。
ということは、法律の中では、性関係になければ、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫じゃないということです。
個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。
浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。
でも、探偵へ依頼すると結構なお値段なので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。
探偵への浮気調査の依頼は、必要となるお金はどのくらいになりますのでしょうね?探偵事務所ごとにも価格はそれぞれ異なるので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。
探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が発見された時、離婚するかしないかナカナカ決められずに困りますよね。
そうならないように、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。
夫婦と言う物は法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいですね。
不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度と言うこともあります言う事もありますし、400万円くらいのケースもあります。
離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は低くなるのです。
さらに、不倫相手が浮気を否定するケースでは根拠が必要です。
どの人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。
不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。
離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをよく考えてから相談するといいですね。
また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵事務所や興信所に相談して下さい。
相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂の対象になりたくないのであれば、どんなことがあっても止めましょう。
もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、交際相手をふくめた二人に対して、慰謝料をもとめる事ができます。
ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。
慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数などいろいろな事を鑑みて裁判所に委ねることとなります。
身なりを確認して浮気の証拠を見つけられます。
浮気をすると、明確に分かるのは着る洋服の違いです。
おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったら注意する必要があるでしょう。
今後、浮気をしそうな人がいたり、前から浮気の相手が存在するかも知れません。
動きを記録しておくことで浮気の証明をできることもあります。
日々の人間の行動には、ほぼパターンができてくるものです。
けれども、浮気をすると、行動のパターンが変わります。
時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを見つけることができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の裏付けがしやすくなります。
よく着る服装が変化してきたら、よくない兆候です。
趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。
ある日から、服装が年相応でない色や柄のものをチョイスしてきたら、かなり怪しい臭いがします。
その中でも特に、趣味の良い下着を身につけるようになったら、浮気をしている場合が多くあります。
離婚を覚悟の上で、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。
しかし1人で踏み込むという方法を取ると、さらに揉める可能性が高いので、避けるのが賢明です。
信頼している人を連れて行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。
心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵に依頼するという方法があります。
 探偵が用いている追跡グッズとは 自分でも買えるのかと言われたら、買えます。
一般的には、追跡グッズはGSP端末を用いるというケースがほとんどですが、どんな人でもインターネット等で購入可能です。
車に載せるGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、いかなる人でも購入できるのは当然です。
浮気の証拠は携帯からも掴めます。
携帯電話は浮気相手との連絡手段としてごく自然に使われるからです。
近年、メールやラインで連絡をことも多くなったとはいえ、やはり、相手の声をききたくなる時もあるでしょう。
何気なく電話していることも十分考えられますね。
夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間をあらかじめ打ち合わせをしておきます。
1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査期間が長期になればなるほど調査料金が高くなります。
調べる人の事務所により、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。
成功報酬の難しいところは、例えば、浮気調査について依頼したとすると、調査期間が3日間だったとして3日間で浮気が発覚しなければ調査は成功となってしまうのです。
実際に浮気があったとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、成功報酬を請求されるのです。
浮気調査に必要な期間は、普通は3~4日が目安です。
最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。
浮気の証拠をナカナカのこさないタイプのパートナーだと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあります。
逆に、浮気する可能性の高い日がもう分かっているなら、1日で十分な証拠が集まることもあります。
車の目立たない場所にGPS端末を装着して、常時、移動の内容を監視し続け、現在地を把握したり、データログを後から読み出しイロイロな分析をすることも可能です。
普段、運転しないような人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。
そうすれば、相手がどこに行ったのかや滞在した時間も割り出すことが出来るでしょう。
奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでひどい状況に陥るのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。
配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、相手を刺したり、殺してしまうストーリーもよく使われます。
浮気の現場を直接つかまえるのもあっていいやり方でしょう。
離婚まで覚悟しているならば、試してもいいと思います。
探偵を依頼することでなにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。
相手が浮気をしているのではないかと思った場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。
しかしながら浮気の証拠を自力で蒐集しようと思っても、配偶者に発見されてしまう可能性はあるでしょう。
その原因はズバリ、顔がばれてしまっている為です。
探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査員が何人かによっても違ってくるものですが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。
言うまでもありませんが、調査員が少数なら安く、多ければ多いほど高くなります。
そして尾行の際、車やバイクを使うと、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認が大事です。
料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、調査に成功した場合でないと調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。
そのため、成功報酬制を採用している方が、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。
調査に対する実績なども確認して、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼すれば心配ありません。
探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。
実費とは具体的には交通費や写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)の撮影にかかる費用などのことをさしますが、調査時のご飯にかかった代金がプラスされることもあるかも知れません。
時間給は、人数×時間で費用を算出します。
調査にかかる時間が短いほど請求金額も少ないです。
もし浮気をする曜日、時間がはっきりしているのならば、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、それだけ調査費用が節約できるワケです。
ですが、いつ浮気をしているか知っているにしても、顔見知りにいって証拠の写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)をげっと~してもらおうとしたって、多くが失敗するに違いありません。
気づかれずに写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)撮影を行うには探偵を雇うのが賢明でしょう。
探偵事務所を捜す方法としては、利用者による口コミ(参考になることが多いですが、時には役に立たないこともあります)を調べると安心です。
ここで重要なことは、依頼を検討している探偵事務所のHPに紹介されている口コミ(参考になることが多いですが、時には役に立たないこともあります)を参考にするのではなく、全く無関係の掲示板や専門の相談用ホームページに載っているような口コミ(参考になることが多いですが、時には役に立たないこともあります)を確認するようにしましょう。
その探偵事務所の一般の利用者による口コミ(参考になることが多いですが、時には役に立たないこともあります)の方が、ずっと信頼性が高いといえるでしょう。
浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で頼めば得になるかと言えばそうとも言えないケースもままあります。
普通、成功報酬と言えば不成功な結果となった場合、報酬を払わずに済みますからおねがいした側にとって得になるような感じを持ちます。
それ故に、探偵事務所の中でも成功報酬を採用している所に絞って、利用したいと思っている人もいるのです。
浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。
それは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。
浮気の痕跡が確かでない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。
残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。
仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、あるいは張り込んだり等、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確定指せるのです。
ご飯をした際に店で発行する領収証には飲食時の人の数が特定できるように掲さいされている事もあるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。
かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細はしっかり月ごとに見るようにします。
仕事で使ったにもか代わらずビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、誰かほかの人と一緒にいた畏れがあります。
探偵の仕事は依頼された調査をおこなえばそれで終わりとは言えません。
浮気を調査していると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。
そういう時に、一番に依頼人のことを一番最初に考えてくれる探偵が信用すべき探偵なのです。
探偵を信頼してもいいか判断するには、どのような対応をしてくるのかなどで慎重に決めるとよいでしょう。
一部の探偵がアルバイトのようなことがありえます。
探偵としてのアルバイトを調べてみると、なんと求人の情報があるのです。
というワケで、探偵事務所がバイトとして採用することもいくつもあります。
浮気調査を頼むときには、個人情報(住所や氏名、年齢、職業といった個人を特定できるような情報のことですね)を教える必要があります。
バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。
探偵の特質としては、人に怪しまれることのないよう慎重に慎重を重ねて目立たないように調査を進めるのに対して、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、まず身分を明かしておいてオープンなやり方で情報を集めるようです。
探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、他方、情報を蒐集するような調査は興信所が得意と言っていいですね。
浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。
カーナビ上の履歴を見ることで、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられるのです。
見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意が必要です。
それに加えて、よく給油されていた場合、車によりデートしている可能性があるかも知れません。
自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても別れたくなければ昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはするべきではありません。
浮気していることが明らかになってしまうと相手が逆ギレしてしまって、元の関係に戻ることができなくなってしまうこともありえます。
それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が異なるものです)を交わしてしまうと精神的に追い詰められてしまうかも知れません。
探偵による浮気調査の結果、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手どちらにもすることもできます。
心から信用の出来ない方間と一生一緒に生活することは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかも知れません。
さらに、原因である不倫の相手に慰謝料の請求をしておけばミスなく別れ指せられるはずです。
どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分でやってみようとする人もいるものです。
難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、予想外の出来事が出てくるのが実際で変に思われず相手を見張り続けるというのは想像以上に難しいはずです。
変に思われてしまえば警戒されるので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかも知れないのです。
絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。
もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら、まずは相手のことを知らなればなりませんし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を手に入れなければ駄目です。
貴方が、探偵に助けをもとめるのならば、浮気の証拠をキッチリとした形で鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判で闘う上での武器には困らないように、用意してくれるでしょう。
浮気の裏付けがSNSで発覚することもあります。
SNSだと誰の投稿か一見わからないのでパートナーも無意識のうちに、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事が珍しい事ではありません。
時には、言い逃れのできない様な浮気の事実を記入している場合もあるのです。
ユーザーIDを見つけたなら読んでみて下さい。
相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚をしないという選択肢もあります。
コドモがいるご夫婦の場合は特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。
養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。
男手一つで育てることも、また同様に簡単に仕事と両立することはできないでしょう。
なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、できる範囲のことは自分で前もって調査しておきたいものです。
調査と聴くと大変そうに聴こえますが、そんなことはありません。
何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査なのです。
毎日、仕事に出掛けた時間、帰ってきた時間、電話が掛ってきた場合は、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。
探偵には悪いところがなくても、残念なことに依頼者の気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)が先行してしまい、パートナーに気づかれてしまって、証拠集めがやりにくくなり、証拠が揃わないこともあります。
幾ら探偵の浮気調査でも、100%成功することはあり得ないのです。
失敗した場合の代金についても、調査する前に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。
GPS装置を用い、毎週のように行っている所を検索して、良く見える場所で観察し続けると、必ず来るはずなので、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。
懐具合が心持とないときには、地図情報システムで調査するのも、試してみたいやり方です。
GPS端末が付けられていることがわかってしまう事もあります。
本人に気づかれないようにして、誰が見ても明瞭な浮気の証拠を手に入れるには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。
せっかく撮った浮気現場の写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)も、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠として扱われません。
浮気調査を探偵に依頼した場合は、用途に適するサイズのカメラも用意し全く気づかれずに顔がはっきり判る写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)を撮ることができます。
浮気調査は第三者に任せるべき理由は逆上してしまう畏れがあります。
普段は冷静でも、実際の密会に居合わせてしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが多数確認されています。
無事に解決するためにも、本来の目的を達成するためにも、浮気調査は探偵に任せるのがお勧めです。
探偵が浮気調査する時でも失敗する場合があるでしょう。
探偵が浮気調査の専門家だとしても、失敗することがごく稀にあります。
相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。
また、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には尻尾を掴みようがないです。
日頃、相手の行動の様子を気をつけてみておくことは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。
それに、探偵におねがいすれば、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスを貰える、という付加価値もあるのです。
あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査によって一定とは限りませんが、調査は大体2人程度で行っているようです。
ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、浮気をしているかの確認を調査員1人ですることが多くなります。
浮気が現実であると判明したら、再度相談をして調査の方法や人数などを決定します。
自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。
専門家である探偵におねがいすると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。
自分で手を尽くして調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。
でも、パートナーを問い詰めても浮気の事実はないと逃げられたら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。
そのため、確実な証拠というものが必要になります。
浮気の事実関係を委託調査する際には、あり得ないほど低い報酬額であったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、詳細なプランや金額が設定されており、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所が良いかと考えます。
また、探偵業の許可を取得しているのか事前に調べておくべきです。
違法に調査を実施している業者へは依頼しない方が得策です。
興信所と探偵事務所の違いとしては、あまり無いのではないかと言っても言い過ぎではありません。
双方とも、浮気調査、身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような同じような仕事内容です。
しかし、違いがあるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です