法律の中で、夫婦関係にある人がパートナー以外の人と自分の方から肉体関係を持つことを不倫と定義しています。
ということは、法律の中では、肉体関係を持っていなれば、一緒に時間を過ごしていたとしても、浮気とはいってもません。
自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。
どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分ですればいいと考える奥さんもいます。
テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に違和感を感じ指せなく、尾行するのは並大抵のことではないのです。
こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばししないかもしれないのです。
相手の行動を見逃さないためには、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。
不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度という事もあるでしょうし、400万円くらいになる場合もあります。
離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は少なくなってしまいます。
さらに、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要になります。
どの人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。
浮気調査の費用の節約には、ある程度自分で前もって調べておくことです。
難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。
毎日のパートナーの行動記録を良いだけです。
毎日の出勤時間、帰宅時間、だれかと電話をしているようなら、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。
飲食店などの領収証のけい載には食事を一緒に食べた人の数がけい載されている可能性があるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。
かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は毎月きちんと目を通すようにします。
シゴトで使ったにもか換らずビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、誰かほかの人と一緒にいたと見られることがあるのです。
あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求する事が出来ます。
ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料を請求することができません。
慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、歳や婚姻年数など色々な事を考えて裁判所に委ねることとなります。
探偵が何もミスをしなくても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が難しくなり、失敗に終わる場合もあります。
いくら探偵の浮気調査でも、100%成功することはあり得ないのです。
充分な調査が出来なかったときの費用についても、契約を交わす際にしっかり打ち合わせをしておくことが大切なのです。
夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を契約を交わす前に取り決めます。
探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、浮気調査をした時間が長ければ長いほど調査料金が高くなります。
探偵業者によって、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。
もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を請求する場合には、敵の情報は必要ですし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を掴まなければなりません。
その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を映像にのこして貰えますし、裁判では、貴方の気分をスッキリ指せてくれる材料を整えて貰えます。
夫が浮気しているところを奥様がつかまえておぞましい戦場になるシーンは、ドラマでも描かれることが多い光景です。
夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、殺傷沙汰にまでなってしまうサスペンスドラマも少なくありません。
配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのも方法としてアリです。
別れる決心がついている場合は、問題ないかもしれません。
今までと違った格好をするようになったら、よくない兆候です。
浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている事があります。
ある日から、服装が年相応でない色や柄のものをセレクトし出したら、結構浮気の恐れがあります。
とりわけセクシーな下着をはくようになってきたら、浮気の可能性も結構高いです。
不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談するようにしましょう。
離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかをよく考えてから相談するといいでしょう。
不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵事務所や興信所に相談してちょーだい。
相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、噂のタネになりたくないなら、絶対にしてはいけません。
浮気の確証を手に入れるには探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。
とはいっても、探偵への調査依頼は費用がかさむので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。
探偵へ浮気調査を頼んだら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所ごとにもお値段は違ってくるので、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。
本人に気づかれないようにして、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。
せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠とは認められません。
浮気調査を探偵が依頼されたときは、用途に適するサイズのカメラも用意し相手にバレないように十分証拠となる写真を撮る事が出来ます。
離婚を覚悟の上で、その場合の慰謝料は少しで持たくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。
しかし、単独で行くのは、喧嘩になりやすいので、避けたいところです。
信頼している人を連れて行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。
信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するという方法があります。
探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。
当然ですが、調査員が少数なら安く、多ければ多いほど高くなります。
そして尾行の際、移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認したほうが良いでしょう。
浮気の形跡がSNSを介して把握できる事もあるでしょう。
一般的に、SNSは本名を公開しない特性がありますので相手も思いがけずに、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事が散見されます。
場合によっては、浮気を裏付けるようなけい載をインターネットにアップしてしまう事もあるのです。
アカウントを認識しているのならチェックしてみて下さい。
実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、平均では一週間以内です。
確認しておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。
パートナーがとても慎重な性格だとナカナカ証拠がつかめなくて、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあると思っていてちょーだい。
逆に、怪しい日が特定済みの場合は、一日で調査が終わるなんて事もあるでしょう。
運転する人の目につかないところにGPS端末を忍ばせ、行動を常時監視しつづけ、現在いる場所を把握したり、データログを後から読み出し分析することもできます。
車より、公共交通機関などを使用する人には、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。
それによって、相手が行った場所やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。
浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、支払う料金が低過ぎたり、 もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、詳細なプランや金額が設定されており、それ以上、料金がかからないような探偵会社を選択するのが良いでしょう。
他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうかお調べちょーだい。
違法に調査を実施している業者へは依頼しない方が得策です。
例え、配偶者が浮気している場合でも今後も、パートナーでありつづけたいのなら密会の場面に行こうとするのは避けましょう。
パートナーを裏切ったことがバレた途端に相方が、ひどく感情的になってしまい、元の関係に戻ることができなくなってしまうこともありえます。
加えて、浮気相手と話をしたことによって、ひどくイライラ指せられてしまいます。
どのような服装か確認することで決定的な浮気の証拠を発見できます。
浮気をしているときに、目に見えて出現してくるのは今までとは変わった服装です。
おしゃれにはこれまで疎かったのに、突然にファッションにこだわるようになったら注意が必要でしょう。
これから先浮気をしようとしていたり、浮気している人がいるかもしれません。
探偵がおこなう浮気調査でも失敗したりするようです。
探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、成功しないことが全くないことは全くありません。
パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。
加えて、浮気調査期間中に浮気相手に会わないケースでは証拠入手が困難です。
立ち寄る場所がわかる機械を利用して、良く行く場所を調べて、その近所をウロウロしていれば、必ず来るはずなので、浮気の証拠をつか向ことができると思われます。
費用のご準備が十分ではないときには、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、ひとつの方法ではあります。
ただし、その装置を仕込んだことが発覚することがあります。
探偵に浮気の調査を要請して、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。
パートナーが信用できなくなってしまうと死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。
また、配偶者の不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば二人が別れることはミスないでしょう。
領収書やクレジットカードから浮気の証拠をみつけることもできるでしょう。
まず、普段は入らないようなコンビニのレシートをいつも見かけるようになったら、その周辺に普段から赴いている事になります。
そこで逃さず見ていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。
興信所と探偵事務所の違いとしては、これと言って無いと言ってもいいかもしれません。
供に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、シゴト内容は類似しています。
ただし、違いをあげるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、個人は探偵に頼るようです。
自分でやみくもに動き回るよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。
探偵に依頼すると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。
自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。
だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。
有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。
信頼できる探偵事務所を選びたいときには、インターネットなどで口コミを調べるといいでしょう。
間ちがえないでいただきたいのは、その探偵事務所が運営するサイトに掲載されている口コミなんかではなく、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトにアップされている口コミをチェックするといいでしょう。
その探偵事務所の一般の利用者による口コミの方が、ずっと信頼性が高いと言えるでしょう。
探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を掴む事が可能です。
相手が浮気をしているのではないかと思った場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。
ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで入手しようと思っても、配偶者に発見されてしまう事もなきにしもあらずです。
その原因ははっきりしており、あなたの顔をおぼえているためです。
アルバイトとして探偵をしている人がいる例があってしまうのです。
探偵のアルバイト情報を調べれば、募集がかかっていることをしるでしょう。
このように、バイトがシゴトをしている探偵事務所持たくさんあるわけです。
浮気調査を頼むときには、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。
バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。
探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればいいということではありません。
浮気の事実があるのか調査していると、トラブルが発生する可能性があります。
そういう時には、依頼した人のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。
探偵が信用できるか否かは、どのような対応をしてくるのかなどで慎重に決めるとよいでしょう。
浮気調査を探偵事務所に成功報酬で依頼すれば損はしないと思いがちですがそうでない場合にも遭遇します。
条件が成功報酬であれば調査が成功しなかった時、報酬支払いの義務がなくなるのでシステムとして依頼者が得するという感じがします。
ですから、成功報酬の探偵事務所に特定して、利用しようとしている人もいます。
実際の浮気調査では、調査員を何人でみておけば良いのかというと、多くの場合、2人程度で調査しています。
しかし、まだ浮気が確定でない場合には、調査員が1人で浮気をしているかの確認をおこなう場合が多いです。
浮気が確実なものとなったなら、再度、調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。
一例として、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかめます。
携帯電話は浮気相手との連絡手段として使われるのが当然だからです。
近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をことも多くなったとはいっても、好意を持つ相手の声をききたい、話したいと思う可能性は十分あります。
ふとした時に電話している可能性は十分考えられますね。
 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分自身で買えるのかと言われたら購入することが可能です。
追跡グッズは、GPS端末を一般に用いる事が多いのですが、どんな人でもインターネット等で購入できます。
車に載せるGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、誰でも買えるのは当然です。
成功報酬の難しいところは、一例として、浮気調査について依頼したとすると、調査期間が3日間だったとしてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査は成功したということになってしまいます。
浮気しているのかは分からないまま、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気とは分からないまま、専門的な調査は完了となり、成功報酬を請求されるのです。
浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。
それはカッとなってしまう場合があるのです。
強い心を持っている人でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合がこれまでに多くありました。
無事に解決するためにも、何よりも、証拠を入手するために、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ちょーだい。
探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が発見された時、別れるべ聴か否かナカナカ決められずに困りますよね。
ひとまず冷静になって、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。
夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。
浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。
実費にふくまれるのは、電車やバスなどの交通費、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、張り込み時の食事代が加算される場合も少なくありません。
また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用が算出されます。
調査にかかる期間が短くて済めば請求金額も少ないです。
日頃、相手の生活している様子をよく見ておくことは自分ひとりでも可能ですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方がミスありません。
そして、探偵に頼む場合、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。
豊富な経験に裏付けされたアドバイスを貰える、という付加価値もあるのです。
浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。
それは、浮気が実際に行なわれているか否かを明確にする事です。
浮気しているか否かが不明瞭な場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。
残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。
お出掛け先からパートナーの行動を調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよういろいろな方法で、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確認するのです。
浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調査が必要とする時間は減るので、それだけ調査費用が節約できるわけです。
そうはいっても、浮気をしているときが把握していても、顔見知りにいって写真を撮ってくれることになっても、骨折り損になることは確実です。
ばれないで写真を撮影するには探偵を雇うのが賢明でしょう。
浮気という証拠はカーナビで持つかめるでしょう。
みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられるのです。
履歴があまり見たことない場所であった場合気を付けなければいけません。
そして、何度ももしもガソリンが入れられていたら、車によりデートしているかもしれません。
尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵が尾行をおこなう時間が長いよりも短い方が、費用が少なく済みます。
したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日頃からパートナーの生活のパターンを調べ上げることが重要です。
そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をおねがいすると、探偵のほうも手間が省け、お互いのメリットとなります。
料金について成功報酬制を採用している探偵事務所は、最終的に成功した調査でないと報酬を得られないというリスクがあるため、成功報酬の金額が相場より高く設定されているケースが多いようです。
そのため、成功報酬だからということで、浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。
実際の調査能力などもチェックして、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。
浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚をしないという選択肢もあります。
コドモがいらっしゃる場合だと特に、配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。
養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われない事もあるでしょうから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。
同様に、父親が一人で育てる場合もシゴトと両立しながら上手にやっていくのは難しいでしょう。
探偵の特徴としては、怪しいと思われることを避けるために警戒を怠ることなくいわば地道な調査方法を取りますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、興信所から来たことを明かして公然と調査をおこなうことが多いです。
すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴向ことが上手で、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と考える事が出来ます。
どのような行為をしているか記すことで浮気の裏付けができることもあるでしょう。
日々の人間の行動には、ほぼ決まったパターンがあります。
けれども、浮気をすると、決まったパターンが崩れます。
揺らぎの出た曜日、時間帯を断定ができたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気の裏付けがしやすくなります。
同一電話番号から電話を頻回に電話が掛かってきていたりまた掛けていたりするとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性がとても高いと言えるでしょう。
そういったことに気付いたらその電話をしている相手を突き止めるだけでいいですからす。
しかしパートナーの方が一枚上手ですと、浮気相手との電話が終わったら通話の履歴を削除するということを抜かりなくおこなうといったような事もあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です