探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。
実費には移動にかかる費用、写真撮影にかかる費用などですが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるようです。
時間給は、人数×時間で計算した費用です。
調査にかかる期間が短くて済めば請求金額も少ないです。
探偵のしごとは依頼された調査を行えばそれで終わりとは言えません。
浮気を調査していると、トラブルが発生する可能性があります。
そういう時には、依頼した人のことを最優先に考えてくれるのが信用していい探偵と言うものです。
信頼できる探偵の見分け方は、どのような対応をしてくるのかなどで慎重に決めるとよいでしょう。
どのような服装か確認することで浮気の裏付けをすることもできます。
浮気をすることで、明白に分かるのは身なりの変容です。
以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然、服装にこだわりができたら慎重に見ておく必要があるでしょう。
この先、浮気に進展しそうな人や、もう浮気の相手がいるかもしれません。
探偵事務所の探し方として、ネットなどで口コミを調べるといいでしょう。
間ちがえないでいただきたいのは、依頼を検討している探偵事務所のHPに紹介されている口コミを参考にするのではなく、全然関係のない掲示板や相談ホームページに載っているような口コミを調べる方が信頼できます。
その探偵事務所が管轄していない口コミの方が、信頼できる情報なのは間違いありません。
問題なく探偵が調査をしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気調査が困難になり、上手く行かない事もあります。
浮気調査を探偵に依頼しても、100%成功することはあり得ないのです。
上手く行かなかっ立ときの報酬についても、契約を交わす際にちゃんと確認しておきましょう。
浮気調査の費用節約というと、自分でできる範囲までは事前に調査しておきたいものです。
調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。
何を行ったらいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで良いだけです。
毎日、しごとに出掛けた時間、帰宅してきた時間、だれかと電話をしているようなら、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。
不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。
実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。
それに、不倫した相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要となるでしょう。
どの人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。
法律の上で、結婚した人が配偶者ではない人と肉体関係を持つことを不倫と定義しています。
すなわち、法律の上では、性的に親密な関係ではなかったなら、食事やあそびに行っ立としても、不倫じゃないと言うことです。
自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、プロに頼んで調べて貰うという手もあります。
浮気の形跡がSNSを介して掌握できることもあります。
SNSは実名を公表しないので注意不足で相手が、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事が散見されます。
中には、浮気をカミングアウトする様な証拠を書き込んでいる可能性もあります。
相手のアカウントをしることができるなら読んでみて下さい。
浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。
でも、探偵へ依頼すると費用が高くつきますから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。
探偵に浮気の調査を頼んだら、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所ごとにも金額は異なりますので、調査の前には見積もり(数社から見積もりをとり、どこに依頼するのか検討するというのが一般的です)を依頼することが賢い選択です。
不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を望むのであれば、敵の情報は必要ですし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を見せられなければなりません。
それには探偵の浮気調査が有用で、浮気の証拠をキッチリとした形で貴方に届けてくれますし、裁判で闘う上での武器には困らないように、届けて貰えるのです。
飲食店を利用した際の領収証には飲食時の人の数が書いてある事があるので、不倫と決定づける参考資料となるでしょう。
かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細はしっかり月ごとに見るようにします。
しごとで使ったにもか換らずビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、誰かほかの人といっしょにい立と推測される場合があるでしょう。
格別ちがうところが無いと言ってもよろしいでしょう。
いっしょに、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような同じようなしごと内容です。
ただし、あえて言うと、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。
 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分自身で買えるのかと言われたら購入することが可能です。
一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて用いることが多いのですが、誰でもネットなどで購入が可能です。
車両に載せるタイプのGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、誰でも買えるのは当然です。
浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査にかかるお金は少なくなります。
といっても、いつ浮気をしているのかを知っているにしても、御友達を説得して証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、無駄足になることが多いでしょう。
ばれないで写真を撮影するには探偵を雇うのが賢明でしょう。
探偵に依頼したしごとが浮気調査だった場合、疑いようもない明白な証拠が手に入れば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。
相手が信頼できなくなってしまったら死ぬまでいっしょにいるとなるとストレスは相当なものになりますから、慰謝料を貰い、離婚することは選択肢の一つかもしれません。
さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を求めれば、別れさせることも難しくはありません。
成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、調査が成功しなければ報酬が得られないという不安があるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。
その結果として、成功報酬だからということで、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。
調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、明白な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。
離婚ということになってもかまわない、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。
けれども1人で踏み込むと、揉め事を大聞くする可能性があるので、止めておきましょう。
信頼できる人にいっしょに行って貰うなら、感情的になり事件を起こすことが避けられます。
心から信頼する人がいっしょに行く都合が付かない場合には、探偵等に依頼すると良いです。
自ら動くより、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。
探偵に依頼する方が、欲しい浮気の証拠がつかめます。
自分で手を尽くして調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。
しかし、相手に問い詰めても浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件で離婚できません。
有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。
GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に忍ばせ、移動の様子を常時監視し、現在地を確認したり時間のある時に、データを取り出して調べたりします。
車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。
これで、相手がどこにたち寄ったのかやそこで過ごした時間もわかるでしょう。
浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。
それは、不倫相手の存在を明らかにする事です。
不倫行為が確実ではない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。
残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、浮気相手が誰か? を調査する段階となるでしょう。
パートナーの日々の行動を追跡したり、あるいは張り込んだり等、浮気相手の素性を押さえるのです。
実際に探偵に頼むことで浮気の証拠を掴む事が可能です。
相手が浮気をしているためはないかと思った場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。
けれども、浮気の証拠を自分だけで集めようとしたら、相手に見つかるという事もなきにしもあらずです。
その原因ははっきりしており、顔がばれてしまっているからです。
成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を依頼すれば損はしないと思いがちですが実際にはそうでない場合もあります。
成功報酬と言えば、一般的には不成功な結果となった場合、料金の支払いをしなくてよいので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。
だから、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、利用しようとしている人もいます。
時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行時間が短い方が、少ない費用になります。
ということは、尾行を探偵に頼むなら、相手の日々の行動を理解しようと観察することが大切です。
最も疑いのある時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットがあります。
探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。
当然のことですが、調査員が少数なら安く、増えるほど高くなります。
そして、尾行時に移動に車やバイクを使用するケースでは、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認するべきでしょう。
浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。
カーナビ上の履歴を見ることで、相手とドライブデートで浮気し立ところを見つけられるのです。
履歴が見慣れない場所であった場合気を付けなければいけません。
そして、しばしばもしもガソリンが入れられていたら、デートを車でしているかもしれません。
奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んで惨憺たる状態になるのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。
ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、相手を刺したり、殺してしまうストーリーもよく使われます。
浮気の現場を直接つかまえるのも選択肢の一つです。
離婚になってもいいと思う場合は、取っていい行動といえるかもしれないです。
配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、相当低い料金設定であったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、より細かな料金プランが提示されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所が望まれます。
その他、関係団体に届け出ているのか確認が必要です。
違法調査を実施しているところへは浮気調査の依頼をやめておきましょう。
日頃、相手の生活している様子を目を配っておくのは自分ひとりでできないことではありませんが、言い逃れのできないような浮気の証拠を手に入れるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方がトラブルの心配もなく、安心です。
そして、探偵に頼むという事は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。
いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。
例え、配偶者が浮気している場合でも夫婦生活を続けていきたいのであれば密会の場面に行こうとするのはしないほウガイいでしょう。
浮気が発覚したことでパートナーの感情を逆なでしてしまい、夫婦関係が修復不可能になることもありえます。
それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、大聞く消耗することになります。
調査機関に依頼し立ところ、自分の結婚相手の浮気が発覚したならば、結婚生活を維持するかどうかなかなか決められずに困りますよね。
それを避けるために、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。
夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。
不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談するようにしましょう。
離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをまず考えてから相談するといいでしょう。
もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談するようにしてください。
相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや御友達に相談してしまう人も多くいるのですが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にしてはいけません。
浮気調査に必要な期間は、平均では一週間以内です。
とはいっても、これはあくまで平均的な日数です。
普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあります。
逆に、怪しい日が調査員に伝えられていた場合は、一日で調査が終わるなんてこともあります。
頻繁に掛かってきたり取っていたりまた掛けていたりするとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性がとても高いと言えるでしょう。
その後、その電話番号の持ち主を見つけ出せばいいのです。
しかしパートナーの方が一枚上手ですと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後にはしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。
探偵の特長としては、誰かに不審に思われないよう慎重に慎重を重ねていわば地道な調査方法を取りますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、先に自分の所属を明かして表立ってリサーチを行なうようです。
すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、対象についての情報収集は興信所が上手いと言っていいでしょう。
浮気の証拠は携帯からも掴めます。
浮気相手への連絡手段として携帯をごく自然に使われるからです。
近頃は、メール(コンピューターのネットワークを利用して、メッセージを交換する通信手段の一種です)とかLINEといった手段で連絡をする事も多くなりましたが、好意を持つ相手の声を聴きたくなるのは当然のことでしょう。
何気なく電話していることももちろん考えられます。
動き方を書き留めておくことで浮気の根拠を示せることもあります。
基本的に、日々の行動にはパターンが定まってくるものです。
けれども、浮気をすると、動きの法則性が変化してきます。
時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れ立ところを特定することができたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気の裏付けがしやすくなります。
ご自身での浮気調査がおすすめできない所以は頭に血がのぼってしまうかも知れません。
強い心を持っている人でも、実際の密会に居合わせてしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が多く報告されています。
スムーズに物事を進めるためにも確かな証拠を得るためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。
相手に気づかれないで明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、しっかりした機材と技術が必要になってます。
せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは残念ながら証拠とは言えません。
浮気調査を探偵が依頼され立ときは、超小型のカメラを用意するなどして相手が気づかないうちに客観的な証拠を撮影してくれます。
夫婦関係にある人の浮気を調べるのを調査員に行って貰う場合、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間をあらかじめ打ち合わせをしておきます。
1時間で1万円以上もの費用がかかるので、調査にかかる時間が長いほど調査費用が高額になるでしょう。
調査する人の所属する勤め先により、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、ネットでの評価なども参考にしたらいいかも知れません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です