探偵に浮気の調査を要請して、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。
信頼のできなくなったパートナーと人生を一緒に歩むのはそのストレスはすごくのものになりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。
さらに、原因である不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば別れ指せることも難しくはありません。
尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、費用が少なくなります。
よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃からパートナーの生活のパターンを理解しようと観察することが大事です。
その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って追跡をおねがいすると、探偵にも余計な労力がかからず、双方にとって利益があります。
生涯の伴侶の不適切な恋の調査を調査員に行って貰う場合、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を契約を交わす前に取り決めます。
探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、浮気調査を行った期間が長期にわたれば支払う費用も高くなるのです。
探偵事務所によっても、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、口コミなども調べていったらいいと思います。
例え、配偶者が浮気している場合でも離婚を避けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやめるべきです。
浮気していることを指摘された結果、相手が逆ギレしてしまって、夫婦関係が修復不可能になることがあるでしょう。
その上、浮気相手との会話によって大きなストレスになってしまうのです。
もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を請求する側になったとすれば、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、複数回に渡る、浮気の証拠を突き付けられるようにしないといけません。
貴方が、探偵に助けをもとめるのならば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を撮影してくれますし、裁判では、貴方の気分をスッキリ指せてくれる材料を準備して貰えるのです。
ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつか向ことが可能です。
携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとして使うことは当然考えられます。
最近はメール、LINEで連絡をする機会も増えましたが、やはり浮気相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。
そのため、何気なく電話することは否定できないのです。
浮気調査の費用の節約には、事前にある程度自分で調べておくことです。
難しそうにきこえてしまうかも知れませんが、実際そんなことはないのです。
何を行ったらいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで良いだけです。
毎日の出勤時間、帰宅した時間、電話が掛ってきたなら、着信時間と通話時間も記録するようにしてください。
浮気である証拠をカーナビによりつかめます。
こっそりとカーナビにある履歴を見て、相手とドライブデート(事故を起こしてしまったり、スピード違反で捕まったりということのないように注意しましょう)で浮気したところを見つけられる場合があります。
見たことのないとこをの履歴を発見した場合気を付けてましょう。
それに加えて、よくもし給油していたら、デートに車が使われている場合があります。
動きを記録しておくことで浮気の根拠を示せることもあります。
日々の人間の行動には、ほぼパターンが定まってくるものです。
ところが、浮気をしてしまっていると、そのパターンが揺らぎます。
変わった曜日や時間帯を決定づけることができたら、動き方をよく見ていると、浮気の証明ができる可能性が上がります。
浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、多くの場合は3~4日間です。
確認しておきますが、これはあくまでも一般的なケースです。
普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあり得ます。
一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日がもう分かっているなら、一日で調査が終わるなんてこともあります。
地図上の場所がわかる機械を用いて、頻繁に行く場所を調査して、その近所をウロウロしていれば、必ず相手はやってくるはずなので、その実態を掌握することは可能です。
あまり予算が無い場合には、GPSで調べるだけでも、やってみて損はないと思われます。
ただし、その装置を仕込んだことがバレてしまい、追及される種になることもあります。
格好をチェックすることで決定的な浮気の証拠を発見できます。
浮気をしている人に、明確に分かるのは身なりの変容です。
おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったら注意する必要があるでしょう。
いつか浮気しそうな人や、前から浮気の相手が存在するかも知れません。
もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料をもとめる事が出来ます。
ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、慰謝料を貰うことはできません。
慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、何歳であるか、何年結婚しているかなどいろいろな事を鑑みて裁判官の決定を待つことになります。
一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。
言うまでもありませんが、調査員が1人であれば安く、増えれば増えるほど高くなります。
そして尾行の際、車やバイクを使うと、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認がいります。
不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。
実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は少なくなってしまうのです。
それに、不倫した相手が配偶者との肉体関係を認めないときには必要なのは証拠です。
第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。
探偵は頼まれたことの調査をやるだけではそれでオワリとは言えません。
浮気の事実があるのか調査していると、トラブルが発生する可能性があります。
そんな場合には、まず依頼者の立場を最優先に考えてくれるのが信じられる探偵と言えるでしょう。
探偵が信用できるか否かは、相談する時の様子などで慎重に判断する事を心掛けてください。
浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。
実費は交通費、フイルムや現像料などをいいますが、調査の際の食費が上乗せされることも少なくありません。
時間給は、人数×時間で費用が算出されます。
短時間で調査を完了すると支払いも安くすみます。
GPS端末は、車の使っている方に見つからないようなところに設置して、行動の様子をリアルタイムで監視し、現在地を確認したり記録したデータを後から取り出してさまざまな分析をすることも可能です。
普段、運転しないような人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。
それによって、相手が行った場所や滞在した時間も割り出すことができるでしょう。
離婚を覚悟の上で、慰謝料がたくさんほしいと考える場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。
そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉める元なので、止めておきましょう。
あなたが信頼する人と一緒に行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。
信頼できる人が見つからない場合は、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。
探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査に成功したケースでしか報酬を得られないリスクというが大きく、成功報酬の金額が相場より高く設定されているケースが多いようです。
そのようなケースも勘案した場合、成功報酬の方が、浮気調査費を安く抑えられる所以ではないのです。
調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼すれば心配ありません。
コミュニティ型のWebサイトを通じて浮気の事実が掌握できることもあります。
SNSは実名を公表しないのでパートナーも注意が足りずに、プライベートを事細かに書いてしまう事がしばしば見られます。
中には、浮気をカミングアウトする様な証拠を記入している場合もあるのです。
アカウントを認識しているのなら調査してみて下さい。
浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴向ことができても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。
子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)がいらっしゃる場合だと特に、旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚と言うものはそう簡単なものではありません。
養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。
反対にそれが男性の場合でもまた同様で仕事と両立しながら上手にやっていくのは難しいでしょう。
不倫の問題を相談するなら弁護士に相談するようにしてください。
離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談するようにしてください。
不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所に相談するべきです。
女性の場合、近所の奥さまや知人などに相談してしまう方もいますが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にやってはいけません。
探偵の特質としては、誰かに不審に思われないよう慎重に慎重を重ねていわば地道な調査方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)を取りますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、まず身分を明かしておいて表立った調査をしているようです。
そういう所以で、個人の行動を調べるには探偵が向いており、他方、情報を収拾するような調査は興信所が得意と、おおまかには考えられます。
探偵による調査は高額ですから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。
テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、現実とフィクションは違うもので、変に思われず相手を見張り続けるというのは楽なことではないといえます。
勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。
絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。
食事をした際に店で発行する領収証には食事を一緒に食べた人の数が書いてある事があるので、不倫と決定づける参考資料となります。
ほかに、クレジットカードで決済した時は月ごとに確かめるようにします。
仕事で使ったにもか代わらずビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、同伴者がいたと判断される事があります。
法律の中で、夫婦関係にある人が自分から夫婦ではない異性と男女の関係にいたることを不倫と定義しています。
すなわち、法律の上では、性的に親密な関係ではなかったなら、一緒に時間を過ごしていたとしても、浮気とはいえないと言う事になってます。
性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかも知れませんが、プロに頼んで調べて貰うという手もあります。
探偵の一部はアルバイトの場合があるんです。
探偵としてのアルバイトを調べてみると、お仕事が見つかるのです。
ここからわかるように、バイトに仕事を指せている探偵事務所も多いのです。
浮気調査を頼むときには、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。
アルバイトだと不意に放り投げることもあるかも知れないですし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。
浮気調査は第三者に任せるべき理由は逆上してしまう場合があるのです。
貴方自身が大丈夫だと信じていても、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと自分を見失ってしまうケースが多く報告されています。
貴方自身のためにも、証拠を掴む可能性を高めるためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。
浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をして貰うのが一番確実です。
ところが、探偵に頼むと費用が高くつきますから、誰でも容易に依頼することのできることではありません。
探偵への浮気調査の依頼は、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所の違いで料金はまちまちなので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。
成功報酬の難しいところは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければ調査は成功となってしまうのです。
実際には浮気していたとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気かどうかの証拠をつか向ことなく、専門的な調査は完了となり、成功報酬としての料金を請求されます。
あまり無いのではないかと言っても言い過ぎではありません。
興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、同じような仕事内容です。
でも、違いをあげるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人むけのようです。
実際の浮気調査では、何人の調査員が必要なのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、浮気をしているかの確認を調査員1人ですることが多くなります。
浮気をしている事がはっきりとしたら、再度考えて調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。
所以もわからず自分で動き回るよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。
探偵に依頼する方が、浮気の証拠をちゃんとつかめます。
自分で手を尽くして調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。
だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実はないと逃げられたら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。
そのためには、絶対確実な証拠が必要です。
着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、怪しいです。
趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があります。
いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服を選んで着るようになりだしたら、大変よくない兆候です。
その時、お洒落な下着を身につけるようになったら、浮気をしている事がありえます。
自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、離婚するか気づかないままにするのか決めかねますよね。
それを避けるために、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。
夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚という別れを選択するのも一つの方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)です。
相手が全然知らないうちに、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。
せっかく撮った浮気現場の写真も、顔が見分けられないような露出不足だと証拠にはできません。
浮気を探偵に調査して貰うなら、用途に適するサイズのカメラも用意し相手にバレないように顔がはっきり判る写真を撮ることが出来ます。
日頃、相手の行動の様子をよく見ておくことは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。
そして、探偵に頼むという事は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。
豊富な経験にからさまざまなアドバイスを貰えるということも、貴重なことです。
浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、それだけ調査費用が節約できる所以です。
しかし、浮気をしている日時が知っているにしても、ユウジンを説得して写真撮影をおねがいすると、成功することはほぼないはずです。
ひそかに証拠を握りたいときには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。
成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を依頼したら損しないかと言うとそうとも言えないケースもままあります。
成功報酬の条件では調査が成功しなかった時、料金支払いが不要となるので依頼者は損をしなくて済むように感じます。
そのため、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って、見つけている人もいるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です